入学試験について

3年次編入学(一般・社会人特別枠)

学部入学試験情報

不測の事態が発生した場合の諸連絡
災害や感染症の流行等により、試験日程や選抜内容等に変更が生じた場合は、ホームページ等により周知しますので、出願前や受験前は特に注意してください。
連絡窓口
情報文化学部・情報科学研究科 教務学生係
TEL: 052-789-4823

我々が暮らす「高度情報化社会」は、人間と科学技術との相互依存をますます深めています。また、環境問題をはじめとする諸問題の深刻化は、人類が直面する課題が単独の専門分野によって解決可能なものではなく、文理双方にわたる英知の結集によって取り組まれるべきものであることを明らかにしてきました。人類の課題に立ち向かうには、1.科学・技術への深い理解と人間・社会への鋭い洞察力を兼ね備えた「文理融合型知性」、2.文理の壁を越えて、双方の専門家・専門知識を媒介する「異分野媒介能力」、3.コンピュータスキルを越えた情報の価値判断・創出・発信能力、の3つを兼ね備えた文理融合型人材が必要とされ、このような人材を育成するために、本学部は、平成5年10月、文理融合型学部として創設されました。

教育の目的を「確固とした基礎学力と幅広い教養に基づいて、多面的なアプローチによるシステム思考ができる人材を育成し、新しい分野で俯瞰的に問題へ対処し解決への道を切り拓ける人材の育成」とし、次の基本方針を立て教育を実施しています。

  1. 高い情報処理能力と倫理観を持ち、多面的なアプローチによるシステム思考ができる人材の養成に努める.
  2. 高度情報ネットワーク型社会における文化の創造の基礎となる文理融合型の新しい学問分野の開拓に挑む.

本学部は、このような現代的要請に応える学部であり、知的好奇心に溢れ、確固とした基礎学力と論理的な思考を身につけて、情報を活用して、人類の課題の解決に挑む意欲を持った学生、また、環境学や情報科学などの新しい分野の学問を創造する意欲を持った学生を募集しています。社会人を含む多くの意欲のある人々が本学部生となり、情報を活用して人類の課題に挑む人材に育っていかれることを期待します。

そこでつぎの要領で第3年次編入学(一般・社会人特別枠)の学生を募集します。

募集要項の請求方法

募集要項の郵送を希望する者は,郵便番号,受信場所及び 氏名を記入し,250円切手を貼った返信用封筒(角形2号,約33cm×24cm)を 同封して,”情報文化学部第3年次編入学学生募集要項請求”と朱書し,下記に申し込んで下さい。また,学部紹介冊子を合わせて希望する場合は,その旨朱書してください(切手は募集要項に学部紹介冊子を同封しても250円です)。

過去問題につきましては、情報文化学部・教務学生係窓口にて閲覧のみおこなっております。

〒464-8601
名古屋市千種区不老町
名古屋大学 情報文化学部・情報科学研究科
教務学生係

画面が見にくいと感じる方へ

本サイトは、ユニバーサルデザインに配慮したサイト設計を心がけていますが、画面が見にくいと感じる方は下記のオプションで見やすく変更できます。

文字サイズ:
背景色を変更:
背景をグレーに